読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼーっとしてる日々

病んでるニートの呟き

自分的ニート論

とりあえず「病み」カテゴリーに入れてみる。

ニートになった言い訳とか現実逃避とか、今の気持ちとかこれからのこととか、いろいろ考えたこと書いてく。

 

1.ニートになった流れ

①今の状況は誰のせいか

ネットでニートについて検索すると、よく「自分がニートになったのは親のせい、環境のせい」など責任転嫁してる、と書かれている(他にちゃんとした解説やら統計的な説明やらもあるけど、今回は置いとく)。

 

こういう意見を最初に見たのは大学生、20歳のとき。この頃から(自分の気持ち的には高校時代から)鬱傾向にあったため「親や環境のせいに出来るなんてすごいなぁ」とか思っていた。

なぜなら自分は「自分のせい」が一番ラクだと思っていたから。というか今でも思ってるw

単純に親とか環境が悪いなら、親が変わろうとしたり環境が変わったりしたら、やらなきゃいけない・出来なきゃいけない、になり、やれない・出来ないだと今より余計苦しくなりそうだな、「自分が悪い」なら自分が変わろうとしない限り出来なくても仕方ないって言えるよね、って考えてた(マジメ系クズですw)。

 

しかしその後、鬱傾向な考え方で考え過ぎて、ガッツリ鬱になってしまった…!!

しかも抜け出すのが大変で大変で…まず全てのことを「自分が悪い」「自分のせい」と考えない(良いことでも「自分がバカだから、空気読めてない、うるさいから」など悪い方向に捉える)、親に対する罪悪感と「いい子」像が崩れた自分の価値について(親の期待通りにならない子はいらない、的な)を考えない、1人でリラックス出来る時間・親を意識しない時間確保、やりたいことを親を気にせずやってみる、将来像を描く…などカウンセリングと共に約3年やってきました。

現在でもまだ親の機嫌や言葉にビクビクしたり、振り回されることもあるけど、前よりはハイハイワロスワロスwとスルーできるようになったし、ニートな現状は「自分も悪いが親も悪い、環境(周り)も1割くらい悪い」と強気wな考え方が出来るようになった。

自分としてはようやくここからスタートラインなんだよね。働けたらいいなぁ。というか自立したい。とても。

 

 

あ、結構書くなこれ(´・∀・`)

その4くらいまで続くかもw

それにしても読みにくい…

まぁいいか、自分の整理用だし。

 

その1 おわり